Yusuke Shima

島 裕介

2002年から本格的にプロ活動を開始。

柔らかでパワフルな音色、歌うように吹くメロディ、熱い即興演奏が特徴的。これまでに数百タイトルのアルバム・CM録音に参加。

出発点となったリーダーユニット"Shima&ShikouDUO"(ピアノ伊藤志宏)では4作品をリリース。
この編成としては異例のFujiRockFes07、東京ジャズへの出演、全国タワーレコードJ-JAZZチャート1位獲得、メジャーデビュー、などの快挙を果たした。

オリジナル曲メインのリーダープロジェクト"SilentJazzCase"としてもアルバムを3作リリース。

カヴァーアルバム"Jazzin'R&B"は発売から10年以上iTunesジャズチャート上位に居続ける異例のロングヒットを記録中。
これを機に多作品にプロデューサーとして関わる。

ジャズ回帰アルバム「名曲を吹く」シリーズ4部作は、国内・海外も含め数十都市のツアーを定期的に行い、ライフワークとなっている。

他には、Ego-Wrappin'(2002年~2006年)のバンドメンバー、津軽三味線 小山豊とのユニット、タイバンコクの精鋭ピアノトリオとの作品、トラックメイカーre:plusとの作品(発売から1年でSpotify100万再生超)、CM「そうだ京都行こう」2011年秋版での演奏、テニス世界大会「楽天オープン2019」決勝での国歌トランペット独奏(皇室観覧)、なども特筆。Spotifyでリーダー・名義作品のほとんどが聴ける(2020年5月の月間リスナー数8万人超)。